高速道路無料化したら新規路線はもうないのか?【追記】

高速道路は、今まで建前上は、道路が完成するまでの工事費負担として料金を分担して頂くということになっていた。完成した暁には無料化すると。


それが路線ごとに完結するのではなく、全国全路線を連結で工事費負担にしているのが本音だったので、東名が完成してから何十年たっても、一向に無料化しなかった。


じゃあ無料化するってことは、もう新規路線は作らないってことなんだろうか?


あるいは日本は、もう新規路線を必要としないというか、工業力向上を目指さないと決まったから、高速道路は無料化でも良いということなのかも知れない。


大手メーカーが、生産拠点をどんどん海外に移していることから言っても、日本にはもう工業の主力拠点は置かないというのは、あながち根拠がないことでもない。


日本ってこれから貧乏国になって、重工業生産国に労働力を輸出するようになるんだろうか?


中国がアメリカに変わって消費市場のリーダーになるなら、生産拠点は列島よりも半島に置く方が有利になる。


つまり、戦後60年のアメリカ向け生産が中国向け生産に振り替えになることで、列島と半島のポジションが引っくり返るということだ。


アメリカと中国がそういう計画で合意しているのなら、必ずそうなる。
この先の日本がどうなるかは、今まで日本に労働力を輸出していた国がどういう体制だったかを見れば、大体のことは分かるということだろう。


そういうことであるならば、先が見えない不安は減るが、不満は高まるなぁ。


【追記】
このニュースにコメントつけてる人の日記を追って見ていたら、ニュースの写真は演説を聞く人が鈴生りになってるように写っているが、写真の中のカーブミラーに注目すると、カーブミラーには閑散とした様子しか写っていないと指摘してあった。

つまり、この写真は人が密集しているアングルを意図的に抜き出したもので、サクラで集めた数十人を使って、いかにもこの問題に民意が高い関心を示しているかのように演出したものと取れる。

要するに、マスメディアに載ってることは、時の権力者が好きなように演出しているものなので、全く信用するに値しないということだろう。
何事も自分自身で確認しないといけない。


プライベートジム 比較サイトとパーソナルジム 比較サイト!


民主の高速道路無料化、参院選での勢力拡大が実現の鍵